ホーム
活動
サロン総会昆虫教室
会誌『三河の昆虫』
観察・採集会
資料(データベース)
組織
規約
リンク集

 三河昆虫研究会は,コメツキムシの研究では世界的権威の大平仁夫博士のご指導の下,愛知教育大学・昆虫クラブを母体として始まり,創立から50年を超える歴史を持つ会です。...
 自然豊かな三河地方に生息する昆虫に興味のある色々な職種の方々の集まりです。あくまでも,趣味の世界ですので,楽しく昆虫と触れ合っています。
 現在は,西三河野生生物研究会と一緒に活動をし,数年後には,野生研に合流します。

News
… お知らせ...................
News
… 報 告


News
(2020.10.25)
2020年 11月サロン開催のお知らせ
 ● 日 時: 2020年 11月28日 (土) 18:00〜20:00頃 (17:00より入室可)
  会 場: 安城市民交流センター (所在地:安城市大東町11番3号)1階 活動室
  内 容: ●一人一話,標本同定,観察採集会等の行事の話,情報交換など
  参加費: 無料
  その他: 西三河野生生物研究会と合同で開催
      ※ 参加の申し込みは不要です。また,会員外の方でも参加できます。

コロナ対策のため,マスクの着用をお願いします!
    

News
(2020.10.25)
2020年 「三河の昆虫」68号の原稿募集!

※ 70号(最終号)まで,あと3号となりました。
その後,三河昆虫研究会は,西三河野生生物研究会に合流します。

 ● 締切日: 2020年 11月末日
  内 容: 昆虫に関することならば,自由
 ● 投稿規定: ここをクリックすると,見ることができます

    記録を文献として残しましょう!
..

News
(2020.10.25)
. 2020年 10月サロン開催の報告
 ● 日 時: 2020年 10月24日 (土) 18:00〜19:09
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 5名 … 金森,久松,萩原,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 内 容: 
  金森:西尾市で,ノウサギの糞が数ヶ所で,まとまって確認(珍事)された
  久松:人間環境大学内で見つかった外来種(カメムシ類,カマキリ類)について
  萩原:自作でツルグレン装置を作り,土壌生物を調べている
  小鹿:事務連絡,西尾市でのクロマダラソテツシジミの分布,新種ミジンコについて
  杉坂:アカボシゴマダラを岡崎市,豊田市で記録

News
(2020.9.27)
. 2020年 9月サロン開催の報告
 ● 日 時: 2020年 9月26日 (土) 18:00〜20:15
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 6名 … 金森,堀田,小田,市川,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 内 容: 
  金森:講話「ヒトの生業と社会」で,世界の各地で行った研究の成果の概要を発表
  堀田:シダ類3種,アサギマダラ,オオカバマダラについて
  小田:タカ類の渡りが年々,早まり,個体数が減っている現状について
  市川:佐久島で,南方系のヨツモンカメノコハムシを採集
  小鹿:事務連絡,ミジンコ類の新種記載について
  杉坂:クロマダラソテツシジミの今年の発生状況,渥美半島のリュウキュウムラサ
     キについて

News
(2020.8.23)
. 2020年 8月サロン開催の報告
 ● 日 時: 2020年 8月22日 (土) 18:00〜19:45
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 4名 … 金森,市川,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 内 容: 
  金森:県内でシカの群が大きくなる傾向があり、今後、シカによる食害が拡大する
     おそれがあること
  市川:ヒメドロムシの生態や「奇跡の300メートル」と呼ばれる今回のフィールド
     の足助川について
  小鹿:事務連絡,刈谷市井ヶ谷調査のライトトラップが盛会であったこと
  杉坂:三河湾沿岸におけるクロマダラソテツシジミの今年の状況。東三河部で発生
     している外来種アカボシゴマダラについて

アカボシゴマダラ ♂

News
(2020.8.2)
2020年度 第3回観察採集会の報告
 ● 日 時: 2020年 8月 1日(土) 10:00〜13:30
  目的地: 豊田市面ノ木峠周辺
  講 師: 山崎隆弘先生(三河昆虫研究会副会長・西三河野生生物研究会幹事).
  参加者: 12名:田中正明・緒方清人・山崎隆弘・杉坂美典・金田吉高
       ・城殿浩・原田究・戸田尚希・小鹿亨・伊藤さん親子(3人)(敬称略)
  状 況: 梅雨明け直後の8月1日(土)、2020年度第3回の観察採集会を面ノ木峠
       で開催しました。
        10時に面ノ木第1園地の駐車場に集合、開会行事と写真撮影をして
       約1時間、駐車場周辺で各自自由散策を行いました。
        11時に駐車場に再集合の後、西側の面ノ木風力発電所を通り、井山
       展望台まで歩きました。風力発電の風車が立っているあたりは草地が広
       がっており、見晴らしもよく設楽町方面がよく見渡せました。初めて訪
       れる者には、駐車場周辺からはイメージしにくい光景でした。

 ここでお昼を食べて再度記念撮影を行い、駐車場まで下って閉会になりました。この後も、
原田さんは現地に残り、夕方からライトトラップを行ったそうです。
 一帯ではジャノメチョウの発生期にあたっていたようで、新鮮な個体がたくさん観察でき
ました。両部の花を訪れているオオウラギンスジヒョウモンがいくつか見られ、黒いアゲハ
チョウがときどき、頭上を飛び越していきます。展望台付近では山頂に集まってくるキアゲ
ハのオスが複数観察できました。他にもセダカコブヤハズカミキリを採集していた人がいた
ようです。
 バイケイソウの花が咲いていましたが、葉がほとんどありませんでした。どうもシカによ
る食害のようで、他にも茎の上部を食べられた植物が目立ちました。道の上にもシカの足跡
や糞が見られました。
    

News
(2020.7.27)
. 2020年 7月サロン開催の報告
 ● 日 時: 2020年 7月25日 (土) 17:56〜20:02
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 9名 … 田中,緒方,金森,堀田,久松,森下,原田,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 内 容: 
  田中:生物の減少で生物の量の表現方法の工夫が必要
  緒方:設楽町田峯にある段戸裏谷原生林の魅力,段戸山の生物の特集号について
  金森:採集の量で,生物の変化の推移を調べる方法もある
  堀田:イヌナチクジャク,ナチクジャク,ウチワゴケを岡崎市で発見
  久松:ナチシダに着く新種のケシキスイ,トンボの調査について
  森下:ヒメバチの研究について
  原田:サラサヤンマを刈谷市で記録
  小鹿:事務連絡,段戸山観察会の報告,コケオニグモを記録
  杉坂:オオムラサキの変異について

News
(2020.6.28)
. 2020年 6月サロン開催の報告
 ● 日 時: 2020年 6月27日 (土) 18:00〜19:10
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 8名 … 田中,伊藤(新入会),金森,山田,久松(新入会),
                     伊與田,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 内 容: 
  田中:農薬の話,生物の数の減少,特に水生生物が減少している
  山田:豊田市でエゾミドリシジミを確認した
  伊藤:ヒメテントウムシを調べている
  久松:ケシキスイの分類・新種記載,愛媛県ではトンボの調査も行った
  伊與田:モリアオガエル,トカゲ類の観察をしている
  金森:カンボジアでネズミ,サルの研究,タンザニアでチンパンジーの研究をした
  小鹿:事務連絡,西尾市でヤクシマルリシジミを採集した
  杉坂:池金町でギフチョウの自然飼育をしている





(ホームページ担当:杉坂美典 E-mail: sugiyosi@sinfonia.or.jp)