ホーム
活動
サロン
会誌『三河の昆虫』
観察・採集会
資料(データベース)
組織
規約
リンク集

 三河昆虫研究会は,コメツキムシの研究では世界的権威の大平仁夫博士のご指導の下,愛知教育大学・昆虫クラブを母体として始まり,創立から50年を超える歴史を持つ会です。...
 自然豊かな三河地方に生息する昆虫に興味のある色々な職種の方々の集まりです。あくまでも,趣味の世界ですので,楽しく昆虫と触れ合っています。
 現在は,徐々に活動人員が少なくなっているため,西三河野生生物研究会と一緒に活動をしています。

News
… お知らせ...................
News
… 報 告


News
(2018.7.13)
2018年 7月サロン開催のお知らせ

 ● 日 時: 2018年 7月28日 (土) 18:00 〜20:00(予定)
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
  内 容: 一人一話,標本同定,観察採集会や親子学習会等の行事の話,
        情報交換など
  参加費: 無料
  その他: 西三河野生生物研究会と合同で開催
        ※ 参加の申し込みは不要です。また,会員外の方でも参加
         できます。楽しい話がいっぱいです。

ぜひ,ご参加ください !!
   

News
(2018.6.3)
 第3回 観察採集会のご案内 7月14日(土)
「足助川のヒメドロムシ観察採集会」のご案内
                        案内:市川靖浩さん
 三河昆虫研究会・西三河野生生物研究会合同の観察採集会を実施します。
 日本で一番ヒメドロムシの種類が豊富な矢作川水系。ヒメドロムシって何?
という方も多いのでは。宝探しのようなヒメドロ採集を体験しましょう!
●日時:2018 年7 月14 日(土)10:30〜12:00
●会場:「豊田市 百年草」裏の足助川(豊田市足助町東貝戸10)
       ※ 集合場所と時間:百年草駐車場に10:15
●持ち物:
(1)長靴(胴長があれば長靴は不要)
(2)タモ網(網目1ミリが無難。金魚すくい用(縦15cm、横20cm)のもの
  があればそれで結構です(6、7本は用意しますのでお貸しできます)
(3)ルーペ
●その他:
(1)雨天中止(前日が荒天の場合、中止になる場合がありますので、開催日
  の2日前までに連絡先を付して参加申し込みしてください)
(2)豊田市百年草は、足助ハムの「ZiZi 工房」、手作りパンの「ベーカリ
  ーバーバラはうす」などお土産も買えます。また、日帰り入浴などもあり
  ます。観察採集会の終了後に各自お立ち寄りいただけます。
●集合場所の情報: 百年草    TEL(0565)62-0100
  〒444-2424  愛知県豊田市足助町東貝戸10

News
(2018.6.3)
  ● 第2回 観察採集会の報告 6月 2日(日) 西尾市 「三ケ根山」

 参加者は田中野生研会長をはじめ総勢7名でした。
 西尾市役所幡豆支所(旧幡豆町役場)駐車場に朝9時半に集合して、三ヶ根山山
頂を中心に観察採集を行いました。
 天候にも恵まれ、アジサイ祭りが始まったタイミングで、サツキやネズミモチ
などのの花が咲き乱れる中、いろいろな虫が見られました。
 参加した皆さんはいろいろな成果があったようです。
 私(小鹿)はミヤマカラスアゲハやヤクルリシジミなどを得ることができまし
た。
 参加者の皆さん、お疲れ様でした。  

News
(2018.5.26)
. 2018年 5月サロン開催の報告 
 ● 日 時: 2018年 5月26日 (土) 18:00〜20:00
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 5名 <堀田,市川,原田,小鹿,杉坂(敬称略)>
 ● 内 容: 
  堀田:「近著の新見南吉と花木たち」の中で扱った「ショウブ」の解説で、
     一般では誤解されているハナショウブとショウブを混同している。
  杉坂:健康のために始めた山歩きとチョウの生態写真撮影の最近の成果に
     ついて
  市川:8年ほど取り組んできたヒメドロムシに中で、希少種セマルヒメドロ
     ムシが矢作川水系の一部で見つかっており、謎に満ちた幼生期や生
     態等について
  原田:自宅の庭で見られた蝶類などの情報。昨年も報告したオオシモフリ
     スズメの産地で、継続発生を確認したいとのこと。
  小鹿:刈谷市のため池で見つけたミジンコsp.のその後

News
(2018.5.15)
● ミヤマカラスアゲハ ♂  2018.5.15  宮路山  撮影者:杉坂 美典

 豊川市の西部に位置する宮路山で,ミヤマカラスアゲハ ♂ を撮影することができました。豊川市の北部にある本宮山では,稀に見ることができますが,宮路山では,初記録だと思われます。最近は,渥美半島や豊川市の中心部でも記録が出ています。

News
(2018.5.15)
● コムラサキ ♀  2018.5.14  豊田市前林町  撮影者:小鹿 亨

 豊田市の前林町にあるため池にプランクトンネットを曳きに行った際に撮影したコムラサキのメスです。
 今年はいろいろな生き物の発生が早いようですが、コムラサキもこの地方の1化の発生としては早いように思います。

News
(2018.4.29)
. 2018年 4月サロン開催の報告 
 ● 日 時: 2018年 4月28日 (土) 18:00〜20:50
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 6名 <青木,堀田,花井,原田,小鹿,杉坂(敬称略)>
 ● 内 容: 一人一話,第1回観察採集会報告,矢作川の自然史刊行につ
       いて,その他
 ● その他: 初めてのサロンで,自己紹介等で盛り上がり,20:00終
       了予定が50分間も延長してしまいましたが,楽しい会になり
       ました。
   

News
(2018.4.14)
● 第1回 観察会の報告 2018年 4月14日(土) 岡崎市北山湿地

 午前9時に集まり,参加者数は,6名で,2台の車に相乗りして,北山湿地に向かいました。この日は,岡崎市が主催した北山湿地の観察会もあり,40名ほどの人が探索に来ていました。
 今年は,ギフチョウの発生が早く,天候も曇りでしたので,ギフチョウが飛んでいるのを見ることができませんでしたが,ヒメカンアオイに産んである卵を100個以上,見ることができました。
 一番奥のA湿地まで行き,ハルリンドウがたくさん咲いているのを見ることができました。11時15分まで観察を行い,11時30分には,藤川宿へ戻ってきて解散となりました。楽しい半日の観察会でした。
 次回は,6月2日(日) 西尾市 「三ケ根山」 です。 ご都合のつく方は,ぜひ,ご参加ください。

News
(2018.2.5)
. 
 ● 『三河の昆虫』のバックナンバーは,完売しました。
       ご協力,ありがとうございました。
   




(ホームページ担当:杉坂美典 E-mail: sugiyosi@sinfonia.or.jp)