ホーム..活動 ..サロン総会昆虫教室. .会誌『三河の昆虫』 ..観察・採集会 ..資料(データベース) ..組織 ..規約 ..リンク集

 三河昆虫研究会は,コメツキムシの研究では世界的権威の大平仁夫博士のご指導の下,愛知教育大学・昆虫クラブを母体として始まり,創立から50年を超える歴史を持つ会です。...
 自然豊かな三河地方に生息する昆虫に興味のある色々な職種の方々の集まりです。あくまでも,趣味の世界ですので,楽しく昆虫と触れ合っています。
 現在は,西三河野生生物研究会と一緒に活動をし,2023年3月に合流します。

News
… お知らせ...................
News
… 報 告



News
(2021.7.25)
2021年 8月サロン開催のお知らせ
 ● 日 時: 2021年 8月28日 (土) 18:00〜19:30頃 (17:00より入室可)
  会 場: 安城市民交流センター (所在地:安城市大東町11番3号)1階 活動室.
  内 容: 講演,一人一話,標本同定,観察採集会等の行事の話,情報交換など
  参加費: 無料
  その他: 西三河野生生物研究会と合同で開催

      ※ 参加の申し込みは不要です。また,会員外の方でも参加できます。
      ※ コロナ対策として,机・椅子の消毒,間隔をあけた着席,部屋の換気,
       参加者名簿の記入等を実施しています。ご協力をお願いします

コロナ対策のため,マスクの着用をお願いします!
   
スマフォ・パソコンの Zoom で,サロンに参加できます
  
※ アプリのZoomを使います。会員には,MLで接続データをお送りします。
会員外で,参加希望者は,
事務局の小鹿先生(ip7m8x6n*na.commufa.jp)(*を@に変えて下さい)
までメールで連絡してください!
    

News
(2021.7.25)
. 2021年 7月サロンの報告
 ● 日 時: 2021年 7月24日 (土) 18:00〜19:30
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 7名 … <会場> 金森,堀田,小鹿,大野(非会員),杉坂
            <Zoom> 小川,原田          (敬称略)
 ● 講 演: 金森 正臣 先生 『極相林のギャップ』
        大型重機の発達によって,平地に生えるブナ林の調査ができるよう
       になり,ネズミ,鳥などの調査をし,極相林ができる過程を研究した。
 ● 一人一話: 
  堀田:海岸線のクロマツは,考古学的には,自生していなかった
  杉坂:長野県で,ミヤマモンキチョウ,ミヤマシロチョウ,オオイチモンジを撮影
  小鹿:茶臼山の観察採集会には,12名が参加した。昆虫類は,少なかった。
     事務連絡  ・7月25日(日)のシダの観察会は実施
           ・7月31日(土)に茶臼山観察会採集会は実施の予定
.  
News
(2021.6.28)
. 2021年 6月サロンの報告
 ● 日 時: 2021年 6月26日 (土) 18:00〜19:30
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 7名 … <会場> 小鹿,大野(非会員)
            <Zoom> 金森,小川,森下,高橋,伊木  (敬称略)
 ● 講 演: 森下 俊介 さん 『愛知県内で得られた稀少ヒメバチ』
        ハチ類についての概論からはじまり、ヒメバチ類分類の現状と美しい.
       標本写真で紹介される「ヒメバチの世界」でした。

 ● 内 容: 
  高橋:衣浦湾沿岸のコアジサシの繁殖が危機的な状況になっている
  伊木:陸生ミミズ類の分布を研究しており,愛知県東部の調査にご協力を!
  小川:ケイソウの調査をカンボジアで行う計画中である
  金森:安城市立桜林小学校が矢作川河川敷を使った活動の記録を見直し中である
  小鹿:刈谷市草野池では、ヤマヒゲナガケンミジンコが優占
     事務連絡  ・7月25日(日)のシダの観察会は実施の予定
           ・7月31日(土)に茶臼山観察会採集会は実施の予定
.  

News
(2021.6.28)
2021年 夏季活動の中止のお知らせ
  ご存知のように、愛知県の新型コロナウィルスの感染拡大についての緊急事態
 宣言が6月20日まで延長されました。
  これを受けて、西三河野生生物研究会・三河昆虫研究会でも観察採集会で計画
 されていた7月10日ライトトラップについては、「中止」とさせていだたきま
 す。仮に緊急自他宣言が終わったとしても、状況が急激に改善する見通しはあり
 ません。あしからずご了解くださいますようお願いいたします。

  なお、7月10日茶臼山で昼間の観察採集とライトトラップを行う予定でしたが、.
 とりあえずライトトラップについては中止して、昼間の観察会を実施するかは、今
..後の状況を見ながら検討したいと考えております。 よろしくお願いします。
   .

News
(2021.5.23)
. 2021年 5月サロンの報告
 ● 日 時: 2021年 5月22日 (土) 18:00〜19:38
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 5名 … 金森,堀田,原田,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 講 演: 小鹿 亨 先生 『刈谷市草野池 2021年春季のプランクトン相』
        草野池のプランクトンの種類が,次々に変わり,タイワンヒゲナガ.
       ミジンコなどに移り変わっていくという,普段ではなかなか聞けない
       話であった。
 ● 内 容: 
  金森:草野池の水質,池干しの効果について
  堀田:イノデの仲間(シダ類)の雑種(ハコネイノデ,ホクリクイノデ等)について
  原田:ヒオドシチョウが自宅の庭で多数羽化したこと,ライトトラップを計画中
  小鹿:事務連絡,草野池のミジンコ類,井ヶ谷のライトトラップの報告
  杉坂:北山湿地のギフチョウの発生状況について
.

News
(2021.5.16)
. 2021年5月 井ヶ谷ライトトラップの報告
 ● 日 時: 2021年 5月14日 (金) 夜間
 ● 会 場: 愛知教育大学の農園 (刈谷市井ヶ谷町)

 去る5月14日(金)の夜、第2回観察採集会として、刈谷市井ヶ谷町でライトトラップを行
いました。この日は日中は30度ほどになった暑い日でしたが、夜間は風も吹いて涼しくな
りました。
 設営された場所は、島田先生に手配いただき、愛知教育大学の農園でした。大学の東側
で洲原池に隣接した場所です。たくさんの親子連れのみなさんが参加されたようで、子ど
もたちに昆虫や自然に関心をもってもらうのに、よい機会になったと思います。


News
(2021.4.25)
. 2021年 4月サロンの報告
 ● 日 時: 2021年 4月24日 (土) 18:00〜19:28
 ● 会 場: 安城市民交流センター 1階 活動室
 ● 参加者: 5名 … 金森,小長谷(Zoom),原田,小鹿,杉坂(敬称略)
 ● 講 演: 小長谷達郎 先生(奈良教育大学)『鱗翅目昆虫における無核精子の謎』
         ※ 無核精子がどんな役割を果たしているか,分かりやすく,
          濃い内容の発表であった

 ● 内 容: 
  金森:大学時代の研究仲間について
  小長谷:オガサワラシジミの絶滅原因について
  原田:ライトトラップを計画中
  小鹿:事務連絡,渥美の森の様子,草野池のミジンコ類について
  杉坂:三重県のスギタニルリシジミ,北山湿地のギフチョウについて
.

News
(2021.4.1)
総会・講演・情報交換の開催の報告
 ● 開催日: 2021年 3月 27日(土) 13:00〜16:00頃
 ● 会 場: 安城市民交流センター (所在地:安城市大東町11番3号)

 ● 総 会  13:00〜13:45

 ● 講 演 1・2  13:45〜14:45 (休憩)

  ★ 講 演 1 : 杉坂美典 (三河昆虫研究会編集委員)
 演題: 「三河地方の8ヶ所で発生したアカボシゴマダラの分布拡大の経路を探る」
  ★ 講 演 2 : 花井隆晃 (西三河野生生物研究会幹事)
 演題: 「国内に定着した特定外来生物ヒガタアシの遺伝的特性と侵入経路の推定」
  
 ● 講 演 3・一人一話・諸連絡  15:00〜16:00
  ★ 講 演 3 : 今泉久祥 (西三河野生生物研究会幹事)
 演題: 「西三河地方に生息するドジョウ類の初期生活史」
  ★ 一人一話 
  ★ 諸 連 絡  : 事務局




(ホームページ担当:杉坂美典 E-mail: sugiyosi@sinfonia.or.jp)